ホーム / ニュース

Ordinary purlins are formed by hot-rolled steel strips by machine rolling, and then made into C or Z shapes. After forming, the surface is sprayed with gray anti-rust paint. Ordinary purlins are just painted with a layer of anti-rust paint on the outside. If they are transported, the paint film is easily scratched off during installation. The hdg purlin, which is short for hot-dip galvanized purlin, is not afraid of scratching, and its corrosion resistance is greatly improved compared with ordinary purlins.


溶融亜鉛めっきも溶融亜鉛めっきと呼ばれる。溶融亜鉛めっきは鋼材の耐錆性を改善する表面処理法である。溶融亜鉛めっきは、ライム中の鋼部分の脱脂であり、次いで酸(硫酸または硫酸のある組成物)において脱離し、清浄な金属表面を露出させた後、溶融亜鉛めっきポットに浸漬し、部品を均一で完全な亜鉛層で覆う。鋼材の耐食性を大幅に向上させ,寿命を延ばす。例えば、一般的なハイウェイガードレール、送電塔などはすべて溶融亜鉛めっきされており、これらの装置は、20年または30年でさえ10年も錆びない。


溶融亜鉛めっきのコーティングは、通常30〜60ミクロンであり、コーティングはより高い耐食性を有する。道路柵,動力塔,大型ファスナーなど屋外作業用鋼材の長期防錆に適している。古い鉄の水パイプも溶融亜鉛めっきされた。